So-net無料ブログ作成
検索選択

H20.7.24 ハリー・ポッターと死の秘宝

この記事は、「ハリー・ポッターと死の秘宝」のネタばれを含みます。まだ同書をお読みでない方は、この記事をお読みにならないことを強くお勧めします。

同書を既に読破された方は、是非「続きを読む」をクリックしておつきあい下さい。

はい。ここからが本当の記事です。

今回も到着後即日読破したため、大変寝不足な一日を過ごすことになりました。

それはともかく。

何とびっくり予想通りでしたね~。(以前の謎のプリンスの記事をご参照)

マッド-アイ・ムーディーの点ははずれましたが。

一番したたかなのはダンブルドアで、一番純粋で且つ踊らされたのはスネイプだったのかもしれませんね。スネイプがダンブルドアを最後に見つめたのは、意外と「自分にこんなことまでやらせやがって」的な憎悪(殺意とは別ですが)だったのかもしれません。

ダンブルドア、ただの「いいお爺さん」ではありませんでしたね~。

ダンブルドアだけは、スネイプがヴォルデモートに殺される展開を読んでいたかのようにすら思えてきます。逆にスネイプは、そこまでの読みはなかったのでしょうね、多分。

しかし、もしヴォルデモートがスネイプに対して、「ハリーを捉えに行くこと」を許したとしたら、スネイプは実際の所どうするつもりだったのでしょう?密かにハリーを探し出してかくまうのか、あるいはヴォルデモートの前に連れてきたうえで寝返って共闘するつもりだったのか。ハリーが死ななければならないことを伝えるとしても、どのような方法で伝えるつもりだったのか。知りたいところです。

しかし、それにしても第1巻からの伏線が全部回収されていますね。さすがに最終章を最初に書いてあったというだけのことはあります。第1巻から第7巻にかけての全体の完成度の高さは圧巻です。予想以上に多くの登場人物が死亡したのはびっくりでしたが・・・・

今度は1巻から7巻まで、じっくりと通して読んでみたいです。


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 7

green_blue_sky

昨夜はコメントエラーが多発(;^_^A アセアセ・・・
そっか・・・登場人物が多くなくなるんだ・・・
by green_blue_sky (2008-07-25 06:19) 

ぶなねこ

ぬぉぉぉ~~~!
まだ読んでないのに、ついつい我慢できなくて「続きを読む」を押してしまった!!
もやもや…(笑)
by ぶなねこ (2008-07-25 21:54) 

c-tail

◆green_blue_skyさん、nice!&コメントありがとうございます!
予想以上にお亡くなりになりました。でも、エンディングは穏やかにまとめられていましたよ。

◆ぶなねこさん、nice!&コメントありがとうございます!
たしかにこの記事だけ読んでももやもやでしょうね・・・読んでもらわないと話ができないので、早く読んで下さい(苦笑)。
by c-tail (2008-07-25 23:31) 

nyankome

全巻読んだ方が良さそうですね。でも、ちょっと勇気が要りそうです。(^_^;)
映画を待つか(あと3作でしたっけ?)原作を全巻読むか悩ましいところです。
by nyankome (2008-07-26 00:59) 

c-tail

◆nyankomeさん、nice!&コメントありがとうございます!
私は映画から入った人間なのですが、映画は小説をこわさないようにうまく編集してあって、映画の方も毎回楽しみにしています。映画はたしかあと2作ですね。
by c-tail (2008-07-26 23:04) 

nyankome

私は映画はずっと観てきているのですが、原作は読んだことがありません。映画はあと2作なのですが、最終作を前後編に分けるようなことをききました。情報の出典は忘れました。(^_^;)
by nyankome (2008-07-26 23:21) 

c-tail

◆nyankomeさん、再コメントありがとうございます!
原作は、映画の理解が深まるのでお勧めですよ。伏線が網の目のように張り巡らされているのがよく分かります。
最終作は前後編ですか、それくらいでないとまとまらないかもしれませんね。(^^;;
by c-tail (2008-07-28 21:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。